2017年12月31日

大晦日、…今年もお世話になりました!

 2017年もあっという間に過ぎ、今日が大晦日です。
 今年は研磨御依頼件数も大幅に増えて研師としては大変充実した一年でした。
 インターネットからのご依頼に大きく依存している当工房としては本当にありがたいことで嬉しい悲鳴を上げさせていただきました。
 Jimdoのおかげもありますね。
 今までもプロバイダーが用意しているホームページ公開サービスが廃止になったり変更になったりは何回かありましたが今回はタイミング良く複数回Jimdo桐生の講習で学ぶことが出来たりもしてインターネットの可能性を実感させていただきました。
 また今年初めてご依頼くださったお客様でも研磨仕上がりにご満足いただけて複数方の御客様がリピーターの御客様になってくださいました。
 職人は仕事あっての職人ですから本当に心強いですし感謝しています。
 kumori2017.jpg
 さて感謝という意味でここで上記の写真の砥石にも感謝です。
 これは内曇砥と言う砥石で左の白っぽいのが軟らかい砥質の”内曇刃砥”、右が非常に硬い砥質の(内曇地砥)です。
 研磨を御依頼いただいた御客様には研磨報告の中で毎回ご説明させていただいている砥石ですが現物はこれです。もちろん他の内曇砥も用いますが今年最も使用したのはこの二丁ですね。
 特に左の内曇刃砥は軟らかい砥質ですからその分減りも早く、当初厚みは6cmあったものですが現状は木に張った状態で砥石自体は5mm程度になりました。
 あと何振りの御刀を研げるでしょうか?・・・、3〜4振りでしょう・・・。
 最後の最後まで使い続けるつもりですが今年は大いに活躍してくれた砥石ですので感謝の意味を込めて写真に納めました。
 右の砥石、つまり地砥はここ何年もベースとなる地砥として活躍してくれている砥石で御刀によっては更にもう一段堅い内曇地砥や激硬の合砥をかける場合もありますが多くはこの写真の地砥で丁寧に肌を引き出して仕上げ研ぎに引き継ぎます。
 
 砥石や道具に関してももっとご紹介や書きたい事項もありましたが今年は書けず仕舞いの反省も痛感しておりますので来年のブログでは書いていきたいと思っております。
 今年当工房に御依頼くださったお客様方、本当にありがとうございました!
 2018年も良き年をお迎えくださいませ。
posted by togishi1 at 16:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

クリスマス!

 2017年も早くも年の瀬、そして今日はクリスマスです。
 ここ何年も(というか成人してからは)クリスマスツリーを飾ったりケーキを囲んで家族でクリスマスをお祝いしたりという事はないです。昨晩のクリスマスイブは桐生競艇場のところの食堂で売っている鶏モモを買ってきて食べたくらいですかね(笑)。
 それでも日本人の癖というものでしょうかクリスマスを妙に意識して何か書こうと今このブログ書いています。
 organ1.jpg
 丁度研磨も一段落して今日は休日(当工房では研磨完了の翌日は休日にしています)なのでクリスマスと言う事もあり讃美歌をオルガンで弾きました。
(”きよしこの夜”、しばらく弾かなかったら弾けなくなってて唖然・・・暗譜してたのに。)
 写真は我が家のオルガン部屋です。
 もう20年以上前の型の電子オルガンですが研磨の合間を見てはパイプオルガン曲を弾いて練習しています。
 指先を使う研磨の仕事ではちょうど指の練習にもなりますね。
 ただ、上記のようにもう20年以上前の物ですからぼちぼちガタも来ているのか微かな雑音が出たりもします。
 さてクリスマスが終わればもう新年もそこまで来ていますね。
 明後日からはまた別の御刀に着手、明日はその準備です。年内もフルに研磨業頑張ります。
posted by togishi1 at 17:16| Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月09日

今日の勉強会

 今日は今年最後となる月例勉強会でした。
 御参加はWさん、Hさん、IMさん、そして初参加となるSSさんでした。
 Wさんはいつも通り一番乗りで勉強会前の準備を手伝ってくれました。
 現在は中名倉砥での研ぎを慎重に練習されていてかなり砥目も縦方向に揃えることができるようになりました。
 横手を超えて切先側に入りこんでしまったことを悩んでおりましたがそれも肉置きの関係から瞬間的に入ってしまったものですのでそれを御理解いただき、実践もやっていただきました。
 Hさんは研磨コンクールで初出品初入選されたことで益々研磨に対してモチベーションが高まっているご様子で、本日もご友人から研磨を依頼された御刀と次回のコンクールに出品予定の短刀をご持参され意気込みを熱く語ってくださいました。Hさんは持ち前の明るい性格でいつも場を和ませてくださいますのでありがたい存在です。近々ジュニアも誕生予定ですのでそれも彼にとっては大いなるパワーになっていますね。来年も是非勉強会にご参加いただき交流を深めていきたいと思います。
 鞘師のIMさんは2か月振りのご参加になります。
 本日も直近製作された白鞘をご持参下さり皆さんに見せてくださいました。
 実際に抜き差しの具合などもさせていただきましたがスムーズで内部の掻き入れ、外面の仕上げいずれも本当に素晴らしい出来で良く研究されていますね!。私自身も研ぎと一緒に白鞘も製作することからIMさんから大いに学ばせていただきました。
 今回が初参加となるSSさんは研磨をこれから学んで行くために準備中で、ご自宅に研ぎ舟を設置したり砥石を買い揃えたりとかなり本格的で熱意が伝わってきました。 
 今日は準備されている砥石をご持参されてそれぞれの砥石についてご質問などをいただきました。
 ほとんどが天然砥石ですので中には日本刀の研磨には通常使わない砥石などもありましたが一つひとつの砥石についてその用法や特徴などを確認されておりました。
 道具の充実は職人仕事にとって欠かせないことでありますし良い道具と技術の調和が結果的に良い仕事に繋がるのは論を待たないでしょう。それらについても参加者一同で確認させていただく良い機会にもなりました。是非次回以降も引き続き御参加いただき素晴らしい日本刀の世界を一緒に楽しんでいけたらと思っております。
 さて今回は常連のMさんは用事で、Tさんはちょっと体調を崩されてお休みとなりましたが年明けとなる1月の勉強会ではまた元気にお会いできたらと思います。
 その1月の勉強会は13日(土)です。
 2018年も一緒に日本刀研磨を通して日本刀を一緒に勉強していく仲間、勉強会参加者を随時募集しますのでご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
 今年の勉強会にご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました!。来年もよろしくお願い申し上げます!。

 
posted by togishi1 at 22:56| Comment(0) | 勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

師走ですね

 一昨日(11月30日)、そして昨日(12月1日)と東京で研磨コンクールの勉強会及び表彰式に参加しておりました。ですので当工房としての実務再開は本日からで、当たり前ですがもう12月、師走なんですね・・・。
 年賀状の準備もボチボチしなきゃですしお世話になった地元の師匠や先輩にも暮れの御挨拶に行くための日程を組んだりとにかく気持ちばかり焦っています。
 気持ちが焦ると言えば前回のブログがfacebookとうまく連動出来ていなくてこの記事に関してもちょっと心配です。facebook側に404NOTFOUNDのエラーメッセージが出ますがクリックすればちゃんとこのブログにリンクできているという不思議な現象。
 たまたまなのか・・・。ちょっとテストの意味もあってこの記事書いています。
 もしだめならまた電話サポートに聞いてみようと思います。
 そして最終的に原因がわからないようだったらJimdoのサイト内ブログを作ってそれをメインにしようかなとも考えています。
 いずれにしてもブログもそうですが一つの区切りで来年1月から変更する点がありますので当工房のホームページの”お知らせ”のページやトップページの更新情報など、是非こまめにチェックしていただけるとありがたいです。
posted by togishi1 at 16:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする