2015年03月10日

帰ってきました

 3月5日から昨日の9日まで中国北京に買い出し旅行に行っておりまして、帰って参りました。
 以下に御報告をさせていただこうと思います。

 今回の目的は砥石およびヤスリなどの買い出しでした。
 beijing-mai.jpg
 今回購入した砥石類の一部です。
 赤地に白地のの”精磨油石”は粒度#180のGC(グリーンカーボン)砥石です。
 もう10年以上前から使用しています。
 研磨力は抜群で、この砥石特有のまろやかの研ぎ味が魅力ですが減りが早いのが弱点ですね。
 そのため北京に行った際はある程度まとめて購入します。
 緑色のものは同じくGCですが粒度の違う砥石が表裏に半々ずつとなっています。
 同様の砥石が日本でも鎌砥石としてホームセンターなどでも売っていますが金額的には(安さ)では圧倒的にこちらに軍配だと思われます。
 研磨力も十分で錆身からの研磨が多い当工房ではかなりの戦力と言えそうです。
 錆身からの研磨を承ることが非常に多い当工房では荒砥類は常にキープする必要がありますが上記の砥石は大いに役立っています。
 赤い柄のものはダイヤモンドヤスリ。
 ダイヤモンドヤスリはそれ自体で直接刀身を研磨するものではなく、例えば超硬磨きヘラや磨き棒の修理などに用いています。
 鉄板の表面にダイヤモンド粒子を電着してあるので使用するうちにはやがて研磨粒子が剥離し、使えなくなるもので消耗工具と言えます。
 このダイヤモンドヤスリは以前ご紹介していた”北京刀剣旅行”に掲載の”成寿寺路 朝龍五金一条街”で購入しました。
 今回、最も欲しかったのは天然砥石ですが聞いてみましたが既に採掘は終わっており現在ではどこにも売ってはいないだろうとのことでした。
 対馬砥石に良く似た性質のもので後々調べましたら山対馬と言われる砥石のようでした。
 通常の対馬砥が海から採掘されるのに対し山で採掘される同様の砥石です。
 海のものよりも非常に硬く、肌理が細やかで良質の砥汁は仕上げ研磨において大いに役立ってくれます。
 ただ、もう入手困難だとしたら今持っているものを大事に使うしかないですね・・・。

 例によって土日開催の骨董市、”潘家園旧貨市場”にも行ってみました。
 仏像や青銅器、陶磁器や古書など実に様々な骨董品が所狭しと並べられていました。
 ただ、刀剣類は全く見当たらないのが不思議でした。
 この潘家園市場のすぐ近くに”北京古玩城という骨董専門のビルがあり、そこで骨董屋のおばさんに
聞いてみたら、どうやら当局の指導で安全の為に刀剣類は売ることが出来ないとの答えでした。
 以前は青竜刀やら宝剣やら、骨董屋のメイン商品の趣で売られていたのですがこれはこれでちょっと残念ですね。
 
 私のパスポートは2010年発行の10年用パスポート、そこに北京の出入国スタンプはないので、前回の北京は少なくとも6年前ということになります。
 あの頃、毎日牛肉面を食べに行った馴染みの食堂も、ホテルのそばにあったスーパーマーケットも北京オリンピックの都市計画と区画整理のためでしょうか、跡形もなく消えていました。
 これは仕方なことですがちょっと寂しいですね。   もうやだ〜(悲しい顔)

 ただ、今回も行く先々で親切にしていただき大変満足いく旅行となりました。
 砥石もたくさん買って無事に帰って来れましたし感謝しつつ、ここに御報告とさせていただきます。
  
 
 
posted by togishi1 at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 砥石 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック