2017年04月18日

中山赤ピン

 ついこないだまでは朝、工房に入って真っ先にストーブに点火するのが当たり前でしたが今日は初夏を思わせるほどの陽気で気温がぐんぐん上がり汗ばむほどになりました。 
 ボチボチ、エアコンのフィルターも掃除しないとな・・・、と考えました。
 さて今日も砥石の紹介です。
nakayama2.JPG
nakayama1.JPG
 これは”中山”の赤ピンという砥石で当工房では仕上げの”下地艶”工程で使う事が多いです。
 中山というのは京都の仕上げ砥石が産出される坑道の名称で赤ピンというのはその行動から産出される砥石の種類と言いますかその色合いが赤っぽい事からそう呼ばれているようです。
 当工房で使用しているこの赤ピン、粒度は非常に細かいものの研磨力は抜群で目詰まりすることも少なく、本当に良い仕事をしてくれるので助かっています。
 当工房では”下○○”と言われる工程、例えば下地研磨、下刃艶、下ナルメ、下磨き…等々、が本当に大切であると考えております。当然下地艶と言われる工程が地金の処理では非常に重要な位置を占めていると信じておりますので研磨力が抜群で肌の調整も思い通りにできるこの赤ピンを十二分にかけた上で”上地艶”に移行します。上地艶については後日お話しするとして、今現在着手している御刀の下地艶でもこの赤ピンが大活躍してくれました。
 中山の赤ピンだったら下地艶にすべて良いのか?・・・。私の場合はこのプラケースに入っている分しかまだ試していないのでわかりませんが、コッパだけならまだ他にあるので別のコッパも擦って試したいですね。
 おっと、その前に刃艶の裏打ちもしなきゃです。研師の仕事って御刀研ぐ以外の準備も結構あるものです。
posted by togishi1 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 砥石 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック