2018年01月09日

久々の槍白鞘製作

 今現在着手しているのが槍の研磨と白鞘製作でして、昨日から白鞘製作を開始、本日ほぼ完成しました。
 yarishirasaya.jpg
 当工房では槍の白鞘も研磨と同時に製作も承っておりますが、本数的にはやはり少なく年に2,3本でしょうか。
 槍白鞘は構造としては一般の御刀とは異なり、ハバキがない代わりに柄を鞘に嵌め込むと言いますか、呑込み式です。刀身のみを鞘側で合わせたとしても、呑込ませる柄側と嵌る側の鞘側の微妙な位置関係で刀身の位置も変わり当たりの有無も変わってきますから本当に難しいです。
 また外面的にも刀身が反りの無い造りで真っ直ぐである以上は白鞘も中心線をもし引いたとしたら左右対称でなければなりませんし、その辺が通常の反りのある御刀にはない槍白鞘鞘独特の神経使うところです。
 
 余談ですが、今回御依頼いただいた槍は三角槍というもので表は鎬があり、裏は平らで断面で言いますと本当に三角形です。
 本来の拵え用の鞘は実戦用で用いるため表裏関係なく裏返しでも鞘に抜き差し出来るように内部の掻き入れを行いますが白鞘の場合は保存用ですから表裏裏返しでは入らないように内部の掻き入れも断面は三角形に掻き入れを行います。
 ただ塩首(ケラ首)の部分の掻き入れや三角槍の場合は刃筋がセンターではなく平地側に片寄るなどもありこの点も考慮して行う事になりますね。
 
 それにしても今回はコンパスや丸のテンプレートも引っ張り出したりもして時間もかかりながらも改めて大変勉強になる仕事でした。
 また新たに槍白鞘製作に必要と思われる鑿などもリストアップする良い機会になりました
 さて、明日からは槍刀身自体の研磨に着手、頑張りたいと思います。

 
 
posted by togishi1 at 22:12| Comment(0) | 白鞘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。