2018年01月28日

簡易白鞘の製作、そして御依頼御礼

 日本刀研磨工房のfacebookページでご紹介させていただきました長野のお客様から御依頼いただいておりました脇差も無事にお客様にお返しすることが出来、仕上がりにも大変ご満足いただけてホッとしました。
 さてそこで今月はちょっと日数にも余裕ができましたので一昨日から簡易白鞘を製作し、本日外面を整形して完成しました。
 kanisaya.jpg
 簡易白鞘は当工房のオリジナルでして通常は白鞘材としては使用しない板目材や白太部材、節の多い材料などを敢えて使用して裸身の錆びた御刀の一時保護用として、または中掻きは通常通り研ぎ身を入れることを前提にして格安研磨用の白鞘として、もちろん当工房で製作しております。
 簡易白鞘という名前の通り整形も8角形ではなく略式の小判型となります。
 今回は研ぎ身を入れる前提の簡易白鞘でしたが、結構久々の製作となりました。
 
 さて本日は関西方面のお客様から新たに脇差の研磨の御依頼をいただきました。
 本当にありがとうございます!。
 着手まではしばらくお待たせ頂くことになりますがお付き合いのほど何卒よろしくお願い申し上げます。
 今年もこの調子で去年同様たくさんのご依頼を頂ければ幸いです。 
 
posted by togishi1 at 20:52| Comment(0) | 白鞘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。