2018年04月25日

薙刀白鞘と感謝

 現在、薙刀の仕事をしています。
 研磨は中名倉まで完了し白鞘製作ですが、いやあ想像以上に苦戦しました。
 薙刀の白鞘はこれまでも何本か作ってまいりましたが今回はかなり手強かったです。
 kata1.jpg
 通常の御刀では行わない作業ですがまず初めにベニヤ板で刀身を少しづつズラした状態の型板を切り出します。
 つまりこれが鞘内部の掻き入れの輪郭となります。
 kata2.jpg

 これに合わせて白鞘の外形となる型板を更に作成し重ねたのが上の写真です。

 そして掻き入れをします。
kakiire.JPG

出来上がったのが以下です。

kansei.jpg

 と、このように文章で書くと簡単ですが今回はとにかく薙刀としては長寸、ほぼ定寸で先反が非常に強く、所有している朴材の中でも使える材料数がかなり限定されますし、絶対に失敗は許されない状況でもありました。

 御依頼者である御客様に元々の拵え鞘の画像を送ってもらったり(初めて見ましたが裏返しても表裏どちらからも入る拵えで先端幅は30cmもありました!)、とご協力いただきましたが、今回は九州在住の友人で親しくさせていただいている同年齢の鞘師さんに色々相談もさせていただきました。
 お父様も鞘師をされていて掻き入れのアドバイスをお父様からも聞いていただいたりで本当にありがたかったです。
 おかげさまでなんとか今日仕上げることができました。
 ここに御礼申し上げたいと思います。ありがとうございました!

 職人の仕事というのは黙々と一人でするイメージがありますが、イレギュラーな仕事で迷った時にアドバイスをいただいたりなど助けてもらえるのはやはり同業の職人仲間です。
 ”同業者を大切に・・・”が私のモットーでありますが、今回は自らそれを実感しました。
 今後もその気持ちを持ち続けて仕事をしていきたいと思っております。

 
 
 

posted by togishi1 at 22:41| Comment(0) | 白鞘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。