2018年05月29日

登録証のこと、銃刀法の遵守のこと・・・

 今日はこのブログで書かねばならないことがありパソコンに向かいました。
 午前10時頃ですがアポなしで年配の方(70歳過ぎ位)が当工房に突然いらっしゃいました。
 名前も名乗らないその年配の方は◯◯さん(私の知人)に教わってやっと今日辿り着いたとの事、聞けばお隣のI市にお住いとか・・・。

 「錆びた刀なんだけど、ちょっと刃文が見える程度に窓開けって言うかさ、荒研ぎやって貰えねえかい?」

 というので、御品を見ない事には何とも言えないと返事すると

 「じゃ、今車にあるからちょっと見てくんね?」

と言ってすぐ取りに行き、持ってきました。
 拝見しますと確かに錆身で部分的に自分で研いだのでしょうか、金剛砥のような砥目で互目の刃文が見えておりました。
 一応料金の算出の為に登録証の提示を求めると、

「登録証はねえんだいね、ただ見ての通りちょっと研いだら暴れている(乱れの刃文という意味?)のが見えたんで生かしてやりてえと思ったんさね・・・」

 登録証がないのではもちろん預かれないし研げない事、そして現状では不法所持であることとをお話しすると、

 「そんなん分かってる、俺は鉄砲もやっている(猟銃免許もあるということか?)から登録証はどうにでもなるし、今までも自分で20枚以上は登録証取ってっから・・・」
 
 つまりは登録証の不正取得はお手の物だから関係ないということか・・・!。

 アポ無しで突然来たまでは良いとしても、初対面の研師の元に無登録の刀を持ち込み、登録証の不正取得の自慢話までするとは呆れて開いた口が塞がりませんでした。非常識だし”バ◯丸出し”・・・。
 はっきり申し上げますが、無登録の刀を所持することはもちろんですが虚偽の申請をして登録証を不正取得することは犯罪です!
 当然ながら不法行為であることと、そんな無登録の刀と知っていて研いだりすればうちも仕事ができなくなるから持ち込まれるだけでも迷惑である旨は申し上げました。
 帰り際に、

「登録が付いてんのも何本もあるからそれなら研いでもらえるんだんべ?」

 とか言ってましたが名前も名乗らないこの齢70過ぎと思われる方、もうお会いする気は当方にはございませんので悪しからず・・・。
 こういう人から見たら”何堅いこと言ってんだ?”と言う事なのかもしれませんがこちらはプロとして銃刀法に関しては厳格に遵守する立場でおります。
 また銃刀法という法令違反を犯してまで刀剣類を所持する必要はないのです。
 
 愛刀家であるからこそ銃刀法という法令に従い正規に美術刀剣として鑑賞、或いは居合や抜刀道などの武道のために所持したいものですね。
 
 
 
posted by togishi1 at 16:29| カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする