2018年06月09日

今日の勉強会

 今日は月例の研磨勉強会でした。
 参加者はWさん、Tさん、Sさんの御三方でした。
 まずWさん、いつも通り一番乗りでお越しくださり勉強会前の工房会場の掃除とセッティングを手伝ってくださいました。
 つい先日、研磨コンクールの初出品を済ませ結果に不安を覚えながらも益々意欲的な姿勢で本日もご参加くださいました。
 出品刀を提出したことから、すぐ今は直接研磨する対象がありませんが、刃艶、地艶作りなど研磨の下準備も次回の御刀に備えて進めていかなくてはなりませんのでその点についてもお話しさせていただきました。

 Tさんもコンクールに提出してひと段落、今はご友人から依頼された御刀を研磨中で地艶段階まで進めた状態でご持参下さいました。
 コンクール出品刀に関しては横手筋切りとナルメで苦心されておりましたので本日のテーマである”仕上げの筋切り”の艶選びから実際の筋切り作業を上記の御刀を用いて行いました。
 筋切りでキッパリとした線にならず、モヤモヤしたり、曲がってボケてしまう現象が少しでも解消されればと願っています。
 またもう一振り脇差をご持参下さいましたがどうしても深いヒケが入ってしまうのでそれについても参加者一同で拝見させていただき原因と対策を御提案させていただきました。

 Sさんは最近、腰痛に悩まされておられるようで、研磨の練習もままならないとお嘆きでした。
 そんな中でも本日もご参加くださって本当にありがとうございました。
 一日も早く腰痛が回復されて正常に研磨の練習に着手出来ることを心から願っております。

 本日はいつもよりも少人数でしたし、コンクール提出直後で具体的な御刀についてのお話は少なかったのですがそのコンクールに出品する意義や刀剣協会での研修会のことなどもいろいろ話合うことも出来て本当に良かったです。
 また当工房勉強会でのこれまでの事項に関して振り返り、改善策なども提案させていただきました。
 特に思う事は今後ご参加くださる新規の方々に余計な気使いやご負担を感じさせない配慮が必要だということですね。
 それと最近のブログでも書かせていただきましたが銃刀法の徹底遵守・・・。
 勉強会でも無登録の御刀(製作承認後でも登録証交付前の新作刀を含む)は絶対に持ち込み禁止という事、これの厳守を確認がてらお話しさせていただきました。

 法令を遵守し、美術刀剣の研磨を通した楽しい交わりのひと時、それを目指しております。
 一緒に仲間としてご参加くださる方は随時募集しておりますのでお気軽にお問い合わせ下さいませ!。
 次回は7月7日(土)です。



 
posted by togishi1 at 20:03| 勉強会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする