2018年11月25日

小刀のツナギ。。。

 今年は暖冬とか言われてますがさすがに11月も下旬の今日あたりは朝晩の冷え込みが厳しくなってまいりました。
 それでも週間予報ではまた明日あたりから日増しに暖冬復活と言っているしなんだか体調のほうが追いつかない感じですね。
 さて行慶先生の脇差も23日に無事にお客様に納品できまして昨日は下の写真にある小刀ツナギを製作し、本日は通常の研磨作業後にこの小刀ツナギの最終点検と発送準備を行いました。
 kogatana-tsunagi.jpg
 ちょうど一か月前ですが煙草入れに仕込まれた六歌仙小刀を研磨し、御客様にも大変ご満足いただけました。
 (10月22日に日本刀研磨工房Facebookページに投稿しました)
 その後お客様からご連絡があり、やはり中身がないと煙草入れのほうがガタツキがあるので小刀ツナギを作って貰えないだろうかとのご要望がありましたことかお引き受けした次第。
 実際に煙草入れをお送りいただきましたが元々が小さな木ハバキ(柘植製?)も付属していてこの薄く小さな木ハバキに合わせて竹製のツナギを製作し煙草入れに入るようにしなければなりませんのでかなり神経を使う難しい作業でもありました。
 無理に合わせようとすると薄く小さい木ハバキですから破損するリスクもありますし、目釘のない柄に適度な固さで挿入、鞘側はガタつかないようにキッチリとしかし固くならないように・・・、いやはや本当に難しい作業で時間がかかりました。
 当工房では小柄小刀の研磨にも積極的に取り組んでおり、同時に小柄櫃に小刀の代わりに入れる竹製のツナギも御要望があれば製作しておりますが今回のような仕事は初めてでした。
 それにして色々なご依頼があるものですね・・・!、今回も勉強させていただきました。
 
posted by togishi1 at 18:42| Comment(0) | 小刀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。