2019年09月01日

早いものでもう九月

 タイトルの通り今日から九月になりました。
 今年は5月の連休中に母が緊急入院、それから毎日、仕事の合間をぬっては病院通いで、猛暑と言われる今夏もあっという間に過ぎ去った感じです。
 その母も今日あたりはもうモルヒネの影響もあるのかほとんど意思疎通が困難になってきました。
 母の容体がもし急変した際の研磨日程の変更をお客様にお伝えしてきましたが、皆様本当に暖かくご快諾くださり感謝しています。
 現在手掛けている脇差のお客様からも「母上さま、お大事に」と励ましのメールをいただきました。
 ginhabaki1.jpg
 その脇差ですが当初、かなり深い錆の朽ち込みがありましたが改正砥まで進みましたところ、銀ハバキの追加ご依頼をいただきまして本日製作しました。銀ハバキで地ヤスリ仕上げです。(お客様のご希望で納品時はこの上から燻し仕上げを施します)
 今回の脇差の場合、元々が研ぎ減った状態で区送りされているようなのでナカゴの一番厚い個所が一個目の目釘穴辺りになります。
 そのため通常通りでは現在の刃区のところまで嵌めると確実にガタついてしまいますのでガタ防止の押さえで対処しました。
 普段あまり行わない押さえ方ではありますがこれがなかなか良好でピタっと決まりました。
 
 さて8月は中旬頃までは研磨のお問い合わせやお申込み件数が低調でしたがここ数日は一気にお問い合わせをいただいており本日早速関西のお客様から長寸の御刀の研磨諸工作の御依頼を承りました。
 ありがとうございます!。

 母との時間も残り少なくなってきたように思いますが精一杯介護も頑張り、研磨の仕事にも取り組みたいと思っております。
 あっ、明日は年に一度の人間ドックにも行かなくては・・・。
 
posted by togishi1 at 20:03| Comment(0) | ハバキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。