2020年05月04日

去年の今日は・・・

 5月に入り本来ならゴールデンウィーク真っ只中のはずですが今年は新型コロナウィルスで気が重くなる毎日となってしまっております。
 もっとも、当工房では毎年、ゴールデンウィーク中もカレンダー通りに休むことはまずなく通常通り研磨の仕事をしているのですが、それにしても今年は自粛という事で家の前の車の交通量も格段に少ないですね。
 nagashi.jpg
 さて先日のブログにも書きましたが工場のベランダに水道流し台を新設しましたので早速使っております。
 今現在短刀の仕上げ研ぎをやっているので艶磨りですね。
 平造り短刀で棒樋に添樋、護摩箸の彫もあるので今回は張地艶を何枚か磨り、準備をいたしました。
 今までは庭先の水道まで行って艶磨りを行っていましたがベランダに水道があるというのは本当に便利ですね。大満足です。
 さて艶を磨りながら思ったのは去年の5月4日の事・・・、母が緊急入院となった日です。
 去年のゴールデンウィークは10連休でしたが連休に入ってからの母は日毎にお腹が膨らんでしまい、
「もしかしたら腹水?」
 そう思い当番医に連絡して急遽受診、その時点で私だけ呼ばれて医師から「癌だと考えてください」と告げられ、その足で市内の桐生厚生病院に入院となりました。
 厚生病院でも緊急で検査が行われその時点で余命3ヶ月程度と言われました。
 年齢が年齢(88歳)で既に重度の糖尿病という事で通院もしていたので、なんとなくもう長くはないと感じていましたがそれでも医師からハッキリ言われるとショックでしたね。
 この去年の5月4日から母が亡くなる9月3日まで研ぎの仕事の合間に毎日朝晩二回の病院通いとなりました。
 今日は新しい水道流し台で艶を磨りながら去年のこの一日をボンヤリとですが思い出しておりました。
posted by togishi1 at 21:55| Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。