2017年06月05日

お電話でのお問い合わせの件で・・・

 今年も早いものでもう6月に突入しましたね。
 当工房ではパソコンを立ち上げての事務は午前8時から住居のほうで行っておりますが研磨作業は早朝4時半から行っております。
 病院勤務の妻(看護師)との時間のやりくりからして、この4時半に工場入りしての研磨は結構リズムが合っている気がします。
 さて、今日はここのところ増えておりますお電話でのお問い合わせに関してお願いがてら書かせていただくことにしました。
 ホームページのほうにも書かせていただきましたが当工房では基本的に通常のお問い合わせはメールもしくはお問い合わせフォームからお願いしております。
 これには理由がありまして、まずは仕上げ研磨の微妙な工程では電話機を持つ時間さえない工程があります(これは研師の方なら御理解いただけると思います)。また当工房では白鞘製作も行っておりますので素早くこなさなければならないソクイ(ご飯粒を練って作る糊)による接着もあり、ハバキ製作では完全に両手がふさがるロウ付け作業もあります。
 このような作業中には作業最優先ですのでまず電話には出られません。
 次に当工房では御客様の大切な御刀を決して安いとは言えない研磨諸工作料金で承ることから安易な口約束による誤解やトラブルは絶対にあってはならない事をモットーとしておりますので当工房、御客様双方にしっかり記録として残る電子メール文書による連絡を重視しております。
 電子メール文書は法的にも有効な証拠にもなりますので万が一の場合にも最初に取り交わした料金や契約事項に関しても確認できます。
 以上のことから今後はお電話によるお問い合わせはご遠慮いただき、真剣に研磨をご検討の御客様におかれましてはメールもしくはお問い合わせフォームからお願いいたします。
 通常は当日中に御返信しておりますので今のところメールもしくはお問い合わせフォームからお問い合わせくださった真面目な御客様に関しては100%御成約いただけております。

 話は逸れますがつい先日、工房の電話が鳴り出ますと、
「日本刀の研磨を頼みたいんだけどサ、長距離電話しているからコールバックしてくんない?電話番号は090・・・」
 そこまで言ったところでこちらが
「すいません、匿名でのお電話によるお問い合わせは受けられませんし、コールバックもしません」
て申し上げたら、
「偉そうに言うな!バカ!」
 と電話が切れました。
 こういう非常識な事がありますので電話番号の公開もちょっと考えてしまったのですが、法律的(特定商取引)にはやはり公開しなければなりませんし、もう少し様子を見てから判断させていただく予定です。
 なお、研磨御依頼いただいた御客様には緊急連絡用として私の携帯電話番号をお知らせしておりますので必要に応じてお電話いただいて構いません。上記のように手が放せなくて出られない場合はすぐにかけ直します(まさにコールバック…笑)。

 今現在、お預かりしている御刀の御客様は皆様真面目な方で当工房とも良いお付き合いをさせていただけておりここに改めて感謝申し上げます。
 今後も当工房の趣旨を御理解いただける御客様からのたくさんのご依頼を心からお願いする次第です。

 
 
posted by togishi1 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月02日

本の紹介

 sayaseisakubon1.JPG
 今年もゴールデンウィークに突入ですね。
 テレビで連日行楽地の紹介やら交通渋滞の情報が流れています。
 私はというと先週ちょっと指を怪我してしまったこともあって図らずも世間なみに休業し今日は読書となりました。
 その本が写真の”刀剣鞘製作のすべて”・・・です。
 最近購入して読み始めた技法書ですが、白鞘製作に関してこれほど詳しく書かれた書籍は他にはまずないと思います。具体的には木取から始まり棟の掻き入れのポイント、白鞘の厚さと長さの割り出し、鉋などの道具の仕立て、薙刀や槍の白鞘製作法にまで及んでおります。
 当工房でも研磨と同様に日常の業務として白鞘製作を行っておりますが、長年の慣れもあり、ややもすると経験や勘を過信してしまう事にもなりかねませんがこの本によって改めて自分の方法を理論的にも再確認できるきっかけにもなりました。
 個人的に技法書の中では久々の大ヒット、鞘師を目指す方はもちろん愛刀家の皆様にも機会ありましたら是非ご一読をお勧めいたします。

 
posted by togishi1 at 19:02| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月30日

秋も深まり・・・

 ”暑さ寒さも彼岸まで”と言いますが、ホントお彼岸過ぎたらいっきに朝晩は冷え込むようになりましたね。
 そして言葉ではうまく言い表せない秋の深まりの空気というか雰囲気を感じます。
 毎年のことながらコンクール作品に着手する時期でもあり、今年は今日から始めました。
 さてどうなるか・・・、自分なりには頑張って出品に漕ぎ着けたいものです。

 24日から受け付け開始しております”錆身脇差フェアー”、さっそく数件のお問い合わせもいただいております。錆身の脇差って当工房に実際にお送りいただく中でも結構多いです。しかし樋があったり冠落とし造りなど特殊形状の為に割り増し料金となって研磨を見送られるというお客様いらっしゃいました。そのような割増料金に該当する場合も今回のフェアー期間なら割り増し料金なしの一般研磨料金(寸5000円)ですから是非この機会に御依頼くださいませ。

 明日から10月、研磨コンクールやフェアーも含めて当工房では年末に向けてスパートをかけていこうと思います。グッド(上向き矢印)(ブログのほうも・・・ですねわーい(嬉しい顔)


 
posted by togishi1 at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

新年度に向けて

 久々の更新になります。
 御懇意にしていただいているお客様はもちろんですが初めてのお客様からのお問い合わせも
ここのところ増えてまいりまして本当にありがたく存じます。
 その全てがご成約というわけではないのですが忙しく研磨の日々を送らせていただけることに改めて感謝申し上げる次第でございます。
 さて、ついこないだお正月を迎えたと思ったらあれよあれよと時は過ぎ、もう間もなく4月、新年度になります。
 いまちょっと考えておりますのが手入れ用具などの付属品そして小柄小刀や鍔などの小品などの販売ページの新設です。
 新設まで、多少準備期間を要しますが出来るだけ早く新設したいと考えております。

 それと、これは毎年度書いているかもしれませんが、勉強会の事です。
 研磨という技術面が主題になってしまっていて本来の勉強会の目的である”鑑定、鑑識を学ぶ”ということがどうしても後回しになってしまう傾向にあります。
 当工房勉強会は研磨技術を教える講習会ではなく、あくまでも研磨を通した鑑識力を養う場にしたいと考えております。
 当工房勉強会における研磨技術はあくまでも鑑識のための一手段であり、目的ではないということです。
 鑑識という裏付けがあって初めて研磨ができるということを新年度は徹底して反復し主題にしてまいります。
 今現在は行っておりませんが白鞘やハバキの単品製作も条件付きでお引き受けできる体制にもして行きたいのですがこれはもう少し先になりそうです。
 他にも新年度から導入したい事があれもこれもと上がってきますがそれらについては追々発表もしていきたいと思います。
 


 
 
 
posted by togishi1 at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月20日

コンクール結果

 今年の研磨コンクールの結果が来ました。
 今年は研磨の部、白鞘の部、白銀の部の3部門に出品し、研磨の部で努力賞、白鞘、白銀の部では入選でした。
 研磨の部で努力賞をいただけたのは御依頼くださるお客様、師匠や研師仲間のおかげです。
 ありがとうございました。
 28日に表彰式があり、親しくさせていただいている皆さんとお会いできるのも今から楽しみであります。
 入賞作品は12月2日からの「刀剣研磨・外装技術発表会入賞作品展」に展示されますので是非足を運んでいただき私の研磨した作品もご覧頂けたら幸いです。

 
posted by togishi1 at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月03日

フェアーのこと

 当工房ホームページでも記させていただきましたが、現在、”小脇差フェアー”を開催中です。
 小脇差とは1尺2〜3寸程度の比較的短い脇差のことです。
 当工房フェアーは基本的に錆身の御刀を対象としておりますので今回も錆身の小脇差が対象となります。
 初めての御客様ももちろん大歓迎です。
 まずはこの機会に小脇差研磨を通して当工房の研磨レベルを御確認いただき、引き続き御懇意にしていただければと考えております。
 フェアーに関して御不明な点などございましたらお気軽にメールいただけると幸いです。

 それにしても”小脇差フェアー”はホント数年振りです。
 前回はなかなかの好評をいただけたのを覚えています。グッド(上向き矢印)
 初めてのお客様もリピーターのお客様も是非御検討下さいませ。
 よろしくお願いいたします。
posted by togishi1 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月01日

謹賀新年

 明けましておめでとうございます。
 昨年中は全国の御客様にはたくさんの研磨御依頼をいただき、また師匠をはじめ職人仲間にも助けられて大変お世話になりました。
 今年も何卒宜しくお願いいたします。

 atago.jpg
 さて画像は近所の愛宕神社です。
 我が家ではもう10年ほど前から、元旦にはこちらの愛宕神社に初詣をしております。
 決して大きな神社ではなく、地域密着型ですが町内会の方々の御尽力でアットホーム的な雰囲気の中、参拝が出来ますね。甘酒とミカンの無料配布もありがたいです。
 
 今年も家内安全のお札を買って出来上がる(名前の書き入れ)のを待っている間も参拝者は次々に訪れていますが、かと言って混雑は全くしないので、人混みが特に苦手な私にはピッタリの神社です。

 さて、当工房の仕事始めは1月7日からとなります。
 またHPにも掲載しましたように今月6日〜31日はリピーターフェアーを開催します。
 昨年御依頼いただいたお客様で錆身の研磨を御検討されている方は、料金的にもお得なこの機会を是非御利用されてください。
 
 それでは、今年もたくさんの研磨御依頼をお待ちしております。
 

posted by togishi1 at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする