2019年01月20日

今年は3等が4枚

 年が明けてから早やくも3週間になろうとしています。
 今日はお年玉年賀状の抽選が行われたので早速今年頂いた年賀状の番号を照合してみました。
IMG_4693.jpg
 結果、今年は4枚ほど3等の切手シートが当たりました。
 去年は3等が10枚、一昨年は2等のふるさと小包が当たりましたが今年は当たりがやや少なめでしたね。
 それはともかくここ数年はお客様から頂く年賀状も増えて本当にありがたく、そして嬉しく思います。
 ここに改めて今年1年もどうぞよろしくお願申し上げます。
 
posted by togishi1 at 20:34| Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

年末の仕事から。。。

 年末の仕事、今年最後の着手となるのはFacebookページのほうでもご紹介させていただきました鎬造りの御刀です。
 今月は3振り連続で平造短刀の研磨だっただけに2尺2寸5分弱と決して長寸ではなく標準サイズの御刀ですが感覚的に長く感じてしまっております。もう半分は研いだかと思うとまだ3分の1だったりで、短い御刀の後に長い御刀を研ぐと必ず起きる感覚です。
 もちろん逆バージョンもあるわけで、2尺5寸越えの御刀の後に短刀だったりすると自分でも心配になるほどに効率良く感じますね。
 やはり数日に渡ってその御刀と向き合っているとその時その時の研磨効率が標準になってくるんでしょうね。
 IMG_4635.jpg
 そんな事を考えながらひとまず今日の仕事(備水砥工程)を終えた段階でパチリ!。
 
 さてそれにしても今月はお問い合わせ、ご依頼件数ともにたくさんいただきました。 
 毎年12月は他の月よりも多い(理由はわかりません)のですが特に今年は多くて、ありがたく思っております。
 また、毎年恒例ですが年明け直後には”リピーターフェアー”を予定しており今はその計画と準備をしております。
 今年は御依頼件数が益々多かった分、逆にリピータフェアーとして受け入れられる本数や受付期間、条件に限りがありますのでリピーターフェアーをご検討のお客様は”フェアー”のページをご覧いただき、期間内にお申込いただきますようお願い申し上げます。

 
 
posted by togishi1 at 22:22| Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月25日

クリスマス

IMG_4623.jpg
 今日はクリスマスですね!。
 とは言っても我が家では特にツリーを飾ったり、クリスマスケーキを食べたりはしないのですがやはり何気に気にはなるので毎年ブログには書いています。
 そろそろクリスマス写真のネタもなくなってきたのですが探してみるとサイドボードの奥のほうにサンタさんの置物人形があったので写真撮ってみました。
 なかなかヒョウキンなお顔をしてるし、せっかくだから研場にでも持ってきて飾りますかね(笑)。
 それにしても今年は例年以上にクリスマスと言う感じがしないです。
 買い物とかもほとんど出ないで仕事しておりましたのでスーパーやデパートでクリスマスソングを聞く機会がなかったのもありますが、今夜はこのサンタさん人形を眺めながら心の中でクリスマスソングを歌い、イエスキリストの生誕をお祝いしたいと思います。
posted by togishi1 at 19:27| Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

台風が去り今日から10月!

 今回の台風24号、発生当初は大陸のほうに向かうと思いきやまさかの日本縦断となりました。
 被害に遭われた方々には心からお見舞い申し上げます。
 ここ群馬県も真夜中に台風が通過して不安を覚えるほどに風雨が凄かったですが、明け方は嘘のようにすっかり晴れてまさに秋晴れの10月を迎えました。
 それにしても先月(9月)は目まぐるしくあっという間に過ぎ去りました。
 というのも母の病気が見つかり、通院治療が始まったことから最初は現実に振り回されつつも、例えば早朝未明に工場入りして受診時間分を浮かせたりもして夜は相当早めに就寝・・・、。それでも早朝未明だからこそ特に仕上げ研磨に関しては最適であることを今更ながら再認識したりで、う〜ん・・・、上手く言えませんがイレギュラーな中にも発見などもあって、ホント時間が足りないくらいにも感じました。
 今日も母の受診日で今回から毎月血液検査をすることになり次回は2週間後の受診です。この2週間ごとの受診で安定していければと願う次第です。
 さて話も変わり今現在の納期ですが、御依頼いただいてお預かりしている御客様に当初お知らせした納期よりも約1ヶ月ほど余分にお時間をいただいております。
 ただ、本日改めてお預かり本数を確認し、そこから算出したおよその納期ですともう少しで当初の納期に戻せそうです。
 個別の納期目安と順番はお問い合わせいただければすぐにお答えできますので是非お気軽にお問い合わせください。
 さて、例年ですとボチボチ本格的にコンクール出品刀への着手時期でしたが今年はそれもないのでとにかく年内は猛ダッシュ、しかしもちろん手抜かりなく”日本刀研磨工房”の研磨として恥ずかしくない研磨で仕上げていきますのでよろしくお願い申し上げます!。
posted by togishi1 at 16:48| Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

もう9月ですね・・・

 
 早いもので2018年も3分の2が終わり今日から9月ですね。
 当工房では全国のお客様からたくさん御依頼をいただけたおかげで良い意味で仕事に追われる日々が続き、あっという間に時間が過ぎていく気がします。
 そんな中、つい数日前から同居している87歳の母が体調不振を訴えてちょっとバタバタしてしまいました。
 極度の病院嫌いで検診もほとんど受けなかった母でしたが血圧や血糖値の数値がやはり高く、結果的に数日おきに通院することになりました。
 年齢も年齢だけに完治は難しいですが少しでも怠さや不快感がなくなることを願うしかないですね。
 
 さて、とにもかくにも上記のようにたくさん御依頼いただきましたので感謝しつつ最高の状態でお客様にお返しすべく頑張りますのでよろしくお願い申し上げます。
 
posted by togishi1 at 17:41| Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月04日

研修から帰ってきました!

kenshusho.jpg
 7月30日からの研磨・外装技術研修会が本日最終日で帰ってまいりました!。
 今年の研修会は参加するにあたり、例年以上に参加条件が厳しくなり、前後半とも例年の半数の人数でまさに少数精鋭での受講となりました。
 ですので参加者のほとんどが私にとって既知の気心の知れたプロの職人さんでしたし初参加の方も研修会の意義をご理解されている方々でしたのですぐに旧知の友人のように親しくさせていただけました。
 また講師の先生方も毎年一流の無鑑査の先生がご指導くださいますが、今年は研磨の部は講師の先生が入れ替わり久々に各研磨流派特有の研磨法を意識する機会に接することが出来て新鮮でもありました。
 またこれは毎年のことですが今更ながら新しい発見、新たに学ぶこともあり、非常に有意義な前半(研磨の部)でした。

 後半の外装の部は数年ぶりに白鞘の部に参加しました。
 ここでも私が通常行っている製作法ではなく別の技法での手順を学ぶことが出来ました。
 具体的な木取り、そして外面の整形時の測定法、それに使用する最適な鉋等々・・・、私的には技術面で飽和状態を感じていましたが今回の白鞘の研修を通じて階段を一つ昇れたような気もして非常に内容の濃い受講が出来ました。

 写真は前後半それぞれの”聴講証書”です。
 参加するにも事前から様々な手配を必要としますし、年一回とはいえ非常に勉強になりますからまさに重みのある聴講証書です。
 額縁に入れて住いのリビングに掛けたいと思います。

 さて明日は早速白鞘製作です。今回の研修を生かしていくつもりです。
 最後になりますが講師の先生方、一緒に研修会に参加して励ましあってくださった参加者の皆さん、刀剣協会の方々に心から感謝しております。
 ありがとうございました!


posted by togishi1 at 19:09| Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月20日

言わずもがな…猛暑

aircon.jpg
 
 「暑いですね・・・」が挨拶言葉になっている今年の夏、本当に危険を感じるほどの猛暑ですね。
 当然ながら当工房でもエアコンを全開で効かしての作業ですが今年はエアコンが故障しているのかと思うほどにイマイチ効かないです。
 このエアコンは工房建物を建て直した時に一緒に取り付けた2010年製のものですからもう8年前のもの、確かに寿命かなとも思います。
 住いのほうの一階リビングにあるエアコンは去年買い替えて比較的新しいのでスイッチ入れると瞬く間に涼しくなりますから工場のエアコンも新しいものに買い替えたい衝動にも駆られました。
 しかしこの猛暑では電器屋さんも工事スケジュールが詰まっていてすぐに取り付け工事というわけにもいかないので結局は今年はこのエアコンで凌ぐしかなさそうです。
 それにしても今年は猛暑で亡くなられた方も既に出ていますし熱中症での救急搬送も多発しております。
 皆様、本当に皆様お気をつけ下さいませ。

 
 
 
posted by togishi1 at 20:49| Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

コンクール出品!

 今年の研磨コンクールは6月4,5,6日が受け付け日で私は4日に協会に提出してきました。
 今年も昨年同様、研磨(鎬造りの部)、白銀の部、白鞘の部の3部門に出品しました。
 これまでは毎年11月頃が受付でしたが新博物館移転などで新作刀コンクールとの合同開催になりこの時期になったようです。
 休務の日や通常の研磨業務の合間に時間を作っては作業を進めたのですがやはり例年よりも間隔が短い分、余裕はありませんでしたがなんとか出品できて良かったです。
 当工房の勉強会のメンバーのTさん、Wさん、Hさんも無事に出品できたとご報告をいただきました。
 メンバーとはコンクールに出品することを通してお互いの出品刀に関して指摘しあったり相談しあったりと、本当に良い刺激にもなります。
 今月下旬には結果が発表されますが皆で良い結果とればと思います。
 
posted by togishi1 at 20:21| 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月09日

三寒四温

 3月になって初めてのブログになりますね。
 ”三寒四温”という言葉がまさに当てはまるように真冬に逆戻りしたような寒い日と4月並の温かい日が交互にやってまいります。
 私の場合、毎朝5時には起きて色々雑用(ゴミ出しの準備などなど)をするのですが明らかに日の出の時間も早まってます。
 6時半には工場のストーブをつけて7時半から仕事開始というのが冬場のパターンですが、今日あたりはストーブつけなくてもあまり苦にはなりませんでしたね(やや寒いのは寒いですが・・・)。
 夏場などは日が長いので朝5時前から工場に入って朝食まで一仕事できるので早く夏場にならないかと待ち遠しくもあります。
 さて今月に入ってから立て続けに複数のお客様から御依頼をいただきました。先月は中旬頃からお問い合わせやご依頼がちょっと少なかったのですがご依頼いただけるとホント安心いたしますし感謝です。
 お預かりしている御刀が多くなり過ぎてもお待たせしいる御客様に申し訳なくて”早く研いでお返ししなきゃ!”と気持ちに焦りが出てきますし、お問い合わせやご依頼が少ないとこれまた不安になったりもします。
 でも温かくなれば上記のように早朝未明からでも仕事できるのでペースアップできます。
 今のところあとひと月分納期の短縮を目標にと思っております。
 さてその前に明日は月例勉強会です。 
 今年度最後の節目となる勉強会ですので内容充実の勉強会にしたいと思っております。

posted by togishi1 at 21:53| Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

クリスマス!

 2017年も早くも年の瀬、そして今日はクリスマスです。
 ここ何年も(というか成人してからは)クリスマスツリーを飾ったりケーキを囲んで家族でクリスマスをお祝いしたりという事はないです。昨晩のクリスマスイブは桐生競艇場のところの食堂で売っている鶏モモを買ってきて食べたくらいですかね(笑)。
 それでも日本人の癖というものでしょうかクリスマスを妙に意識して何か書こうと今このブログ書いています。
 organ1.jpg
 丁度研磨も一段落して今日は休日(当工房では研磨完了の翌日は休日にしています)なのでクリスマスと言う事もあり讃美歌をオルガンで弾きました。
(”きよしこの夜”、しばらく弾かなかったら弾けなくなってて唖然・・・暗譜してたのに。)
 写真は我が家のオルガン部屋です。
 もう20年以上前の型の電子オルガンですが研磨の合間を見てはパイプオルガン曲を弾いて練習しています。
 指先を使う研磨の仕事ではちょうど指の練習にもなりますね。
 ただ、上記のようにもう20年以上前の物ですからぼちぼちガタも来ているのか微かな雑音が出たりもします。
 さてクリスマスが終わればもう新年もそこまで来ていますね。
 明後日からはまた別の御刀に着手、明日はその準備です。年内もフルに研磨業頑張ります。
posted by togishi1 at 17:16| Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月23日

今回の相撲界の事件について・・・

 ここ連日、テレビの報道番組では今回の相撲界の暴行事件について各局がコメンテーターを招いて放送していますね。
 国技でもある相撲で、そんな暴力事件があってはならないのは論を待たないでしょうが、結局どうなるのかも興味があります。私個人として(あくまで私個人の意見ですよ)は貴乃花親方の対応は正解な気もしますね。
 相撲協会としては被害届を取り下げてもらってなんとか懐柔策…と考えるかもですが日馬富士本人も認めていることだし後は警察に任せるべきだと思います。
 私は今は日本刀研師ですが研ぎを習い始めた20代前半は別の業界にいました(知っている人は多いと思いますが)。
 その20代前半のある正月の時期ですがその業界の先輩であるYと言う人間に”挨拶がない”、”生意気だ”という理由でウィスキーの瓶で殴られ額が切れたことがありました。警察に被害届を出そうとしましたが業界の関係者から止められて断念させられたことがありました。
 その数年後にこのYという人間は酔っぱらって宿舎で包丁を振りまわして自主退職していきましたが殴られた側としてはやはり恨みを根に持つつもりはなくてもやはり心の中では残るものです。
 どんなことがあっても暴力は絶対にダメ!
 ”可愛がり”?・・・、後輩や立場の弱い人間を殴ることがなんで”可愛がる”ことになるのかな?
 私をウィスキーの瓶で殴ったYという人間、新潟のほうでボランティア活動に参加しているようなことも後で聞きましたが私にとっては今でも心では許してあげたくても本能が許せない、もう関わりたくない存在です。
 暴力とはそういうものだと思います。
 何年かして私にも研師志望のお弟子さんが出来るかもしれませんし、もしそうなったら厳しいことは言うかもですが暴力は性格的に絶対にできないなあ・・・。
 暴力は他人を傷つけると同時に自分自身の人間性も傷つける憎むべき行為だと、今回の相撲界の事件で再認識いたしました。

 
posted by togishi1 at 20:15| Comment(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

お電話でのお問い合わせの件

 当工房ホームページでも書かせていただいておりますが、当工房への研磨御依頼に関するお問い合わせは必ずメールもしくはお問い合わせフォームからお願いしております。 
 また現在非常にたくさんのご依頼を頂き、金庫に入り切らないほどにお預かりもしておりますが、これらは全て当工房の趣旨をご理解ご承諾下さってメールもしくはお問い合わせフォームからお申込みくださった真面目な御客様の大切な御刀です。
 実は本日も電話で問い合わせの電話が一件ありました。
 どうやら当工房のホームページを見ながら電話しているようでした。 
 名前も名乗らない電話の主の問い合わせ内容としては現代刀の短刀の刃が錆びたから自分で砥石を当てたら酷くなったので直して欲しいとの事・・・。
 昨日のブログでも書きましたが本日は後半の研修会用のハバキの土台製作で、電話が来たのが思い切りタイミング悪くロウ付けの真っ最中でした。
 ロウ付けの時はハバキ本体を”カラゲ線”で縛り、左手のヤットコでカラゲ線、右手はロウ付け部の区金が硼砂で浮いてこないように合金の耐熱棒でしっかり押さえているのでまさに両手が塞がっている状態でした。
 今日は本当にイライラしてしまいました。
 多分電話をかけてきたその人もこちらの感じの悪い態度で気付いたのではと思います。
 でも良く考えれば自分の研修用のハバキで良かった。お客様から御依頼のハバキでしたらまさにロウ付けは一発勝負ですから…。
 今日の人は上記のように当工房ホームページを見ながら電話をかけてきました。ですからメールやお問い合わせフォームからお問い合わせしようと思えば出来たはずでしょう。
 結局それが面倒で電話をかけてこられたのだと思うのですが本当に日中は研磨諸工作作業で殆ど電話に出られませんし上記のように僅かな時間でも両手が塞がっている時も度々あります。 
 よく研師は日本刀のお医者さんに喩えられたりもしますがオペ室に入った外科医がオペ中に電話に出られないのと同じで私も作業中は殆ど電話に出ることは出来ません。
 ですから本当に、お問い合わせの際は電話ではなくメールやお問い合わせフォームからお願いさせていただく次第です。
 なお、通常通りメールやお問い合わせフォームからご依頼いただき、正式に研磨御契約いただけた御客様には緊急連絡用に私の携帯電話番号をお知らせしており、上記のように出られない場合は手が空き次第出来るだけ早くコールバックさせていただきますのでよろしくお願い申し上げます。
 
 長くなりましたが私は子供の頃から今は亡き父親から電話の出方一つでも厳しく言われ、恥ずかしさから電話口でモジモジして名前も名乗らないでいればすぐにゲンコツが飛んできました。
 ですから個人的に電話のマナーにもこだわりを持っています。
 それは即ち、真っ先に自分が何処の誰であるかを名乗ること、こちらから電話した場合、相手に今電話しても大丈夫であったかのご都合の確認をすること・・等々、これらは言われるまでもなく最低限のマナーです。
 今日の人もそうでしたが殆どのお電話でのお問い合わせの人はこちらがお名前を聞くまで名乗りません。
 名前もわからないで高額な取引となる日本刀の研磨諸工作のお話をするのはあり得ないことです。
 
 当工房では今後もたくさんの御客様との御縁を大切にしていきたいと考えておりますので当工房へのお問い合わせはお電話はご遠慮いただき、ホームページにも記してありますように必ずメールもしくはお問い合わせフォームからお願い申し上げます。
 
posted by togishi1 at 19:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

研修会の通知

tsuchi.jpg
 今年の研磨技術等研修会の正式な参加受諾通知が届きました。
 当工房ではコンクール出品と合わせて年間の重要な行事となっております。
 今年も例年通り前半は研磨の部、後半は白銀の部に参加いたします。 
 この日刀保の研修会ですが私個人的には平成16年に研磨の部、17年に鞘の部をそれぞれ特別研修生を修了して修了証書もいただきましたが、やはりまだまだ勉強の必要性を痛感し、研修終了後も毎年聴講生として参加させていただいております。
 とにかく東京という中央での公式の研修会ですから講師の先生も無鑑査の先生ですし、何しろ講習会ではなく”研修会”と言う名称通りプロが技術を研修する場ですからレベルも高く私自身も毎年新たな発見と言いますか学ばせていただいて目から鱗の落ちる思いがいたします。
 ”死ぬまで修行”とか”一生が勉強”とよく聞く言葉ではありますが私は日本刀の研磨についても本当にそう思います。
 研修会までもう一か月を切りましたが今年も多くを学びたいと思いますし学べることに期待して今からワクワクしながらこの通知書をじっくり読み返したりしました。
 尊敬する講師の先生方、親しくさせていただいている先輩職人の皆様との再会も非常に楽しみです。
 研修会に御参加予定の皆様方、そして関係者の方々、今年もどうぞよろしくお願い申し上げます!
posted by togishi1 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

子供の日、鯉のぼり

 今日は5月5日の子供の日ですね!子供の日といえばすぐ思い浮かぶのは”鯉のぼり”ではないでしょうか。
 koinobori.JPG
 でもここ数年、鯉のぼりが泳いでいる子供の日ってあまりない事に気付きました。というか気になっていました。まるで鯉のぼり禁止条例でも施行されたかのようです。
 私が子供の頃は一か月前からあちらこちらで鯉のぼりが春の大空に泳ぎ出していましたし私個人的に鯉のぼりにはとても思い出というか子供の頃の大きな記憶があります。
 小学4年生の頃、日本刀に興味を持つ直前くらいですが鯉のぼりが大好きでした。
 私の生家の裏が”新○金○”という工場の若社長の住まいでその御宅にも当時小学低学年の子供が居たこともあり子供の日が近づくとそれは大きな鯉のぼりを上げ、それを間近で見ることが出来ました。
 子供ながらに「あんな鯉のぼり欲しいな」と毎日眺めたりたまには鯉のぼりの上げ下ろしを見たりしました。
 ”欲しいなら自分で作ろう!」と母親に要らない晒生地を貰い、油性マジックで書いてから手縫いで縫って、鯉のぼりの口も針金を入れられるようにして可愛いサイズの鯉のぼりをたくさん作りました。
 当時から凝り性でしたから、
”吹き流しは一番上で一番長くなくてはいけない”、
”鯉のぼりは上から黒、赤、青、赤、緑、の順”、
などのこだわりから始まり、最初は洗濯バサミでロープに挟んでいましたが缶詰の蓋を四角く切って本式のロープ固定金具を自作したり、最後はポールの先の風車も自作を試みました。
 それ以外にも色々こだわりがありまして思い出していたらキリがないのですが、そんな子供の日の思い出の鯉のぼりが今、街から消えつつあるんですね。
 写真はやっと見つけた桐生市内のとある保育園の鯉のぼりです。
 この写真が撮れなければこの記事も諦めるところでした。
 kogatanaginhabaki.JPG
 さて子供の日という事で無理やりこじつけになるかもですが今日は小刀の銀ハバキ製作を行いました。
 通常の長い御刀のハバキからみたら”子供”みたいに可愛らしいサイズのハバキです。
 小柄小刀は本来が小柄に差し込み、脇差や短刀外装鞘の差し裏小柄櫃に入れておくものでハバキというものは付かないのですが小刀も長い御刀同様にハバキ、そして白鞘を作って大切に保管していきたいという方が非常に増えてまいりました。ご希望があっても重ねが薄すぎたりして物理的に製作できない場合もありますが御客様のご要望にはできる限りお応えしたいので当工房でもいろいろ研究しております。
 この小柄小刀は残りのゴールデンウィークも明日からラストスパートで白鞘製作、下地研磨完了の予定でいきたいと思っています。
posted by togishi1 at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

5月になり・・・忙しい一日

 今日から5月ですね!
 研ぎ場の曇りガラス越しに入ってくる日差しも冬のそれとは明らかに異なり早くも初夏を感じるほどです。
 さて世間ではゴールデンウィークですが当工房は休日は無関係で頑張ってます。
 kogatana-shirasaya1.JPG
 今は神奈川のお客様からお預かりしております小柄小刀4本の内、研磨パック御依頼の2本に着手しており本日は白鞘外面の仕上げまで行い完了しました。
 また午前中は勉強会メンバーのWさんが習いに来たり,地元の師匠が立ち寄ったり、午後はかねてから約束しておりました御客様の来訪などでなかなかに賑やかな一日でした。
 あっ、そうそう新しい御客様から短刀が届いたりもして先ほど正式に御依頼をいただきました。ありがとうございます!
 ついこないだ年末に新しい研ぎ舟製作して新年を迎えたかと思えばあっという間に4月の新年度、そしてたくさん御依頼をいただいたその4月も終わり今日から5月・・・。月日の流れが早いです。
 でも今日みたいに好きな御刀の事、研磨のことで来客があったり、仕事に追われるのは本当に幸せなことだと今つくづく思いこのブログを書いています。
 この調子で今月も頑張っていこうと思います。

 
posted by togishi1 at 22:25| 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

PCの不具合が直りました!

 2月に入ってから普段使っているPCがどうにも不安定でした。
 具体的に言いますと電源ボタンを押しても起動しない(これはかなり焦ります!)、シャットダウンしようとしてもデスクトップ画面からスタート画面に行けない、Outlook2016が起動せずエラーメッセージが出る、GoogleChromeが途中でフリーズ、IEでも”接続中”のままいつまで経っても接続できないなどなど・・・。
 購入したのが2年半前、Windows10の無償ダウンロードで以前のPCがダメになったのがきっかけですから買い替えるにはちょっと早過ぎるし、その前に普通に使っていてこの不具合はとにかくおかしいという事で加入しているKDDIの”安心トータルサポート”に電話しました。
 最初にパソコン内のチェックを遠隔操作で見てもらってGoogleChromeの再インストールなどをしてもらってからバッテリーの放電を指示通りに行いその日は様子を見ることにしました。
 電源系やOutlook2016の不具合は直りましたが翌朝またGoogleChromeはフリーズしてしまいました。
 「やはり諦めてパソコン買い替えるしかないかな・・・」
 悶々とした気持ちでとにかく日中は研磨の仕事を行い、夕方また電話しまして次の一手としてルーターの初期化と言うのを遠隔操作でやってもらいました。
router.JPG
 右の白い機械がルーター、左の黒い機械はモデムですがこの白いほうのルーターを初期化して工場出荷時の状態にしたとの事でしたが、それ以来は全くフリーズせずサクサク動いています。
 雰囲気的にも直りましたね・・・(良かった!)
 当工房ではインターネットでホームページを立ち上げ、御客様とは電子メールによる連絡をメインにしていますからパソコンは本当に大切な商売道具です。今回のような不具合は本当に困るのですが、安心トータルサポートに入っていて本当に良かったとつくづく思いました。
 この安心トータルサポートはもちろん月々有料ですがとにかく待ち時間はなく繋がりますし専門のオペレーターが遠隔操作でPCをチェックしてくれるので本当にありがたいですね。感謝です!。
 でももうちょっと自分でもパソコンに詳しくなりたいなとも今回も改めて思った次第です。

 
posted by togishi1 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

今年もお世話になりました

 2016年もあと数時間で終わります。
 今年は私的には人生の転機と言いますか、大きな決断をしたりもして激動の一年でした。
 しかし、決してマイナス要素ではなく勇気を出したことでむしろ夢に向かって一歩前進できたと思いますから振り返れば本当に良い一年でした。
 特に思うのが10月から業務拡張を予定していて、HP上などでもお知らせしておりましたが当初の予想以上に研磨の御依頼を多数いただき、現在もお問い合わせはほぼ毎日頂いております。
 そういう意味では”感謝”という言葉を実感する年でもありました。
 ホームページのほうでは2017年10月末で現在メインにしているKDDIのホームページが終わってしまう事を知り業務上の危機感から相当に焦ってしまいましたが偶然にもHP移行先であるJimdoのセミナーが私が住む桐生市に時を同じくして開設され、偶然とは言えかえって学ぶ機会を得られたことに不思議な感銘を受けました。
 そして秋のコンクールでは白銀(ハバキ)の部で努力賞も頂けて本当に感無量でした。
 多くの人に助けられ、お世話になったおかげで2016年も終えることが出来ます。 
 本当に感謝の気持ちでいっぱいです。ありがとうございました!
 明日からの2017年も私そして当工房にかかわる皆様お一人おひとりに幸多い素晴らしい一年となりますようお祈りしております。
posted by togishi1 at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月31日

2015年を振り返り・・・

 早いもので今日は大晦日ですね。
 皆様にとりまして2015年はどんな年だったでしょうか?
 きっと良い年だったのではないでしょうか?・・・。
 私の場合は秋口に、日本刀研磨とは無関係の事で内臓を痛めてしまい入院するアクシデントがありましたが日本刀研磨の仕事に関しては昨年同様かそれ以上に御依頼もいただき非常に順調でした。
 これも研磨御依頼をくださるお客様の御蔭ですのでここに感謝いたします。ありがとうございました!。
 
 それと今年の当工房の業務的には例年以上に砥石や道具にこだわりを持って設備投資を行う事も出来ました。
 例えば今までは内曇砥を購入するにしても様々な御刀に対応すべく、とにかくいろいろな種類を揃えることを念頭に置いておりましたが、今年は自分の研磨法に見合う内曇砥の種類に限定して購入しましたので内曇砥工程において格段に効率が上がりました。
 またタンガロイ磨棒をはじめとして砥石以外の道具に関しても今まで採用していなかった調整法も取り入れてそれぞれについて具体的なデータ取得と成果を上げる事が出来ました。
 もっとも、これらについては今年限りで終わりという事ではなく引き続き行っていく所存です。
 今年の年頭に予定していたもので結局今年中になし得なかった事も多少ありますのでその点は反省して来年には答えを出せるようにしたいと考えております。

 さて今年もあと数時間で終わり、新しい年がやってきますね。
 来たる2016年も当工房のお客様や当工房と親しくさせて頂いている皆様の御多幸をお祈りしております。
 
 
 
posted by togishi1 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

11月になり


 先月は初旬に外傷により内臓を痛めてしまい入院することになりました。
 結果的に3週間の入院で10月26日に退院することができましたが
 直接的にご迷惑をおかけしてしてしまった方もいますので心から深くお詫び申し上げます。
 また入院中は遠方からお見舞いに来てくださった方や励ましのメールをくださった方もたくさんいらっしゃって、本当にありがとうございました。
 入院当初はどれくらい入院することになるのか見当もつかなかったので研磨コンクール出品も完全に諦めておりましたがなんとか締め切りには間に合いそうです。
 また一旦はお返しせざるを得なかった未着手の御刀を改めて御依頼くださるお客様や新規にお申し込みくださるお客様もいらっしゃいます。
 まだ体調面では本調子とは言えませんが無理のない範囲で着手していけたらと思っておりますので何卒よろしくお願い申し上げます。
 今日から11月になり今年も残るところ2か月を切りました。
 年内は1週間に一回もしくは2週間に一回程度に通院して体調面を整えながら完全復活に向けて治療に専念したいと思います。

 
 
 
posted by togishi1 at 19:56| 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月22日

壊れたパソコンとの別れ

 今日も蒸し暑かったですね・・。
 そんな中、午前中は研修に持っていく道具類の準備と整理などを行い、午後は先日買ったこのパソコンのキーボードカバーを買いに電器屋に行ってきました。
 キーボードカバーそのものはすんなり買えて、ついでに店員さんに壊れたパソコンの廃棄処分についてお話ししたところ単なる廃棄処分なら100円で買い取り、個人情報などのデータ消去しての廃棄はその工賃として約5000円かかるということ等、ご説明いただき、データ消去しての廃棄処分をお願いすることにしました。 そこで疑問が一つ、というのは電源は入るものの再起動を勝手に繰り返してしまい起動すらできないパソコンをどうやってデータ消去できるのかという事。通常は「完全に消去しますか?」などの選択肢を選べる画面から消去なり削除なりするのが手順ですがそういう画面にすら辿り着かないのですから業者ではどうやるのだろうというのが私の疑問でした。
 店員さんによると二つの方法があるとの事・・。
 一つは起動させるために別のパソコンからデータ消去用のソフトを使ってデータを消去する方法、
もう一つがハードディスクを物理的に破壊する、つまりそのままぶち壊してデータを取り出せない状態まで粉々にするという方法とのことでした。
 なるほど、結局のところ、前者を試みても駄目な場合(データ削除作業ができない場合)は後者の方法で行うようです。
 ということで自宅からパソコンを持ってきて、書類に記入してから引き渡しました。 
 当初は当工房の予備パソコンとして購入したものですから実質的にはつい最近までろくに使っていませんでした。主にしているデスクトップPCが古くなってきたので数か月前からデーターを移し替えてメインPCにして使っていたところWindows 10 の無償アップグレードのメールが来て良かれと思って予約して実行したところこんなことになってしまいました。
 壊れた当初はとにかく焦りましたし、「何とか直ってくれ!」「アップグレードなんかしなければよかった」等々、後悔や憤りなどいろいろな思いが頭を廻りましたが、店員さんにお渡しした瞬間、
「あまり使ってやれないうちに壊してしまってゴメンな・・・」
そんな言葉が頭に浮かんで寂しいような悲しいような何とも言えない気持ちになりました。もうやだ〜(悲しい顔)
 そのようなわけで今日はちょっと悲しいパソコンとの別れの日になってしまいましたね。
 
posted by togishi1 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする