2018年04月25日

薙刀白鞘と感謝

 現在、薙刀の仕事をしています。
 研磨は中名倉まで完了し白鞘製作ですが、いやあ想像以上に苦戦しました。
 薙刀の白鞘はこれまでも何本か作ってまいりましたが今回はかなり手強かったです。
 kata1.jpg
 通常の御刀では行わない作業ですがまず初めにベニヤ板で刀身を少しづつズラした状態の型板を切り出します。
 つまりこれが鞘内部の掻き入れの輪郭となります。
 kata2.jpg

 これに合わせて白鞘の外形となる型板を更に作成し重ねたのが上の写真です。

 そして掻き入れをします。
kakiire.JPG

出来上がったのが以下です。

kansei.jpg

 と、このように文章で書くと簡単ですが今回はとにかく薙刀としては長寸、ほぼ定寸で先反が非常に強く、所有している朴材の中でも使える材料数がかなり限定されますし、絶対に失敗は許されない状況でもありました。

 御依頼者である御客様に元々の拵え鞘の画像を送ってもらったり(初めて見ましたが裏返しても表裏どちらからも入る拵えで先端幅は30cmもありました!)、とご協力いただきましたが、今回は九州在住の友人で親しくさせていただいている同年齢の鞘師さんに色々相談もさせていただきました。
 お父様も鞘師をされていて掻き入れのアドバイスをお父様からも聞いていただいたりで本当にありがたかったです。
 おかげさまでなんとか今日仕上げることができました。
 ここに御礼申し上げたいと思います。ありがとうございました!

 職人の仕事というのは黙々と一人でするイメージがありますが、イレギュラーな仕事で迷った時にアドバイスをいただいたりなど助けてもらえるのはやはり同業の職人仲間です。
 ”同業者を大切に・・・”が私のモットーでありますが、今回は自らそれを実感しました。
 今後もその気持ちを持ち続けて仕事をしていきたいと思っております。

 
 
 

posted by togishi1 at 22:41| Comment(0) | 白鞘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月02日

今日も雪で・・・

 先月の大雪ほどではないものの予報通り昨晩から雪が降り当工房もまた雪景色となりました。
 yuki2.jpg
 子供の頃でしたら雪が降ると嬉しくなって雪だるまでも作るのでしょが、さすがに今では買い物に行くのも不便になりますし、寒さで腰も重くなりますからもう雪は降らずに春が来てほしいと願う次第です。
 さて今日はその雪が降る午前中までは工場の中で短刀の白鞘製作を行いました。
 tantosaya.jpg
 画像はほぼ仕上がった状態です。
 今回の短刀は鎧通しですが研ぎ減りから付属のハバキではガタツキがありました。
 お客様のご依頼で銀ハバキの新調も承っており、同時にガタツキも想定して白鞘柄口にガタツキを抑える彫り込み加工も承っておりましたが、新調する銀ハバキはガタツキが出ないように工夫して製作したところガタツキなく出来上がりましたので柄口加工はしなくても済むことになりました。
 それにしても短刀の白鞘は短いだけに削る量こそ少ないですが削り過ぎたらもう収拾付かなくなり、いささかの外連も許されない作業となりますから毎回整形は難しく感じます。
 慎重な作業で時間がかかりましたが今回もなんとか形にはなったかなと思います。
 明日からは内曇砥作業、週明けには刀身の研磨も完了予定です。
posted by togishi1 at 20:24| Comment(0) | 白鞘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

簡易白鞘の製作、そして御依頼御礼

 日本刀研磨工房のfacebookページでご紹介させていただきました長野のお客様から御依頼いただいておりました脇差も無事にお客様にお返しすることが出来、仕上がりにも大変ご満足いただけてホッとしました。
 さてそこで今月はちょっと日数にも余裕ができましたので一昨日から簡易白鞘を製作し、本日外面を整形して完成しました。
 kanisaya.jpg
 簡易白鞘は当工房のオリジナルでして通常は白鞘材としては使用しない板目材や白太部材、節の多い材料などを敢えて使用して裸身の錆びた御刀の一時保護用として、または中掻きは通常通り研ぎ身を入れることを前提にして格安研磨用の白鞘として、もちろん当工房で製作しております。
 簡易白鞘という名前の通り整形も8角形ではなく略式の小判型となります。
 今回は研ぎ身を入れる前提の簡易白鞘でしたが、結構久々の製作となりました。
 
 さて本日は関西方面のお客様から新たに脇差の研磨の御依頼をいただきました。
 本当にありがとうございます!。
 着手まではしばらくお待たせ頂くことになりますがお付き合いのほど何卒よろしくお願い申し上げます。
 今年もこの調子で去年同様たくさんのご依頼を頂ければ幸いです。 
 
posted by togishi1 at 20:52| Comment(0) | 白鞘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月09日

久々の槍白鞘製作

 今現在着手しているのが槍の研磨と白鞘製作でして、昨日から白鞘製作を開始、本日ほぼ完成しました。
 yarishirasaya.jpg
 当工房では槍の白鞘も研磨と同時に製作も承っておりますが、本数的にはやはり少なく年に2,3本でしょうか。
 槍白鞘は構造としては一般の御刀とは異なり、ハバキがない代わりに柄を鞘に嵌め込むと言いますか、呑込み式です。刀身のみを鞘側で合わせたとしても、呑込ませる柄側と嵌る側の鞘側の微妙な位置関係で刀身の位置も変わり当たりの有無も変わってきますから本当に難しいです。
 また外面的にも刀身が反りの無い造りで真っ直ぐである以上は白鞘も中心線をもし引いたとしたら左右対称でなければなりませんし、その辺が通常の反りのある御刀にはない槍白鞘鞘独特の神経使うところです。
 
 余談ですが、今回御依頼いただいた槍は三角槍というもので表は鎬があり、裏は平らで断面で言いますと本当に三角形です。
 本来の拵え用の鞘は実戦用で用いるため表裏関係なく裏返しでも鞘に抜き差し出来るように内部の掻き入れを行いますが白鞘の場合は保存用ですから表裏裏返しでは入らないように内部の掻き入れも断面は三角形に掻き入れを行います。
 ただ塩首(ケラ首)の部分の掻き入れや三角槍の場合は刃筋がセンターではなく平地側に片寄るなどもありこの点も考慮して行う事になりますね。
 
 それにしても今回はコンパスや丸のテンプレートも引っ張り出したりもして時間もかかりながらも改めて大変勉強になる仕事でした。
 また新たに槍白鞘製作に必要と思われる鑿などもリストアップする良い機会になりました
 さて、明日からは槍刀身自体の研磨に着手、頑張りたいと思います。

 
 
posted by togishi1 at 22:12| Comment(0) | 白鞘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

朴材来る!

maruta29.JPG
 23日に材木屋さんで購入した朴丸太材が製材されて当工房に届きました!
 当工房では届いた材料をAランクからⅮランクまで大まかに4段階に分けておりますが今回は23枚中,
Aランク3枚,Bランク9枚、Cランク7枚、Dランク4枚でした。
 まあまあというところでしょうか。
 ”ミカン割り”と呼ばれる柾目重視の挽き方で製材してもらいましたので柾目か追い柾のみで板目は皆無ですから例えばCランクでも短刀としてならAランクで使えるとかもあり、そういう意味では全部使える材料でした。
 これでしばらくは(2年くらいは)白鞘材料の心配はないですが砥石同様に朴材にも常にアンテナは張っていなければと思っております。
 余談ですが古いⅮランクの材料でも使って道具箱でも作ろうかなと今は考えております。
 んん・・・?でもDランクでも塗り鞘だったら使えますね・・・。


 
posted by togishi1 at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 白鞘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

材木屋へ

marumoichi.JPG
 一昨日ですが久々に材木屋さんから良さそうな朴の丸太が入ったから見に来ないかと電話があり、本日行ってきました。
 昨年10月から業務拡張したこともあって白鞘製作数も増え、在庫の白鞘材もかなり減っても来ましたから良いものなら購入したいと思いました。
 実際に現場で見ると断面は真円に近く目が詰んでいて癖のない良さそうな丸太でした。
 長さも4m30cmあり、半分に切っても刀の白鞘には充分な長さが取れるので即決で決めました。
 週明けの27日月曜日に当工房に届けてもらう事になりました。
 それにしてもホント何年振りの丸太購入になりますかね・・・。
 最近は特に良い朴材が少ないと聞くようになりましたが今回の材料が是非良い材料でご依頼くださるお客様の御刀の白鞘材料に充分使えるものであることを願う次第です。
 届きましたらまたブログに書きたいと思います。

posted by togishi1 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 白鞘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月18日

共柄木ハバキとその小刀

 今月は特に忙しく仕事をさせていただきまして、東京のお客様の脇差、神奈川のお客様の短刀をそれぞれ納品させて頂きました。ここのところ新規のお客様から次々にお問い合わせ、御依頼いただき本当にありがたく思います。
kogatanakihabaki.JPG
 画像は千葉県のお客様から小刀研磨パックとして承り、3本お預かりしたうちの1本です。
 一昨日、昨日と刀身の研磨を行い今日からは3本とも白鞘製作に着手です。
 このように共柄木ハバキの場合は柄から先に作って木ハバキを削り出します。
 小刀研磨パックは刀身の研磨もさることながら、この共柄木ハバキ製作が結構大切な作業で、時間も手間もかかりますが毎回慎重に行っています。
 それにしてもこの小刀、中名倉砥までかけたのですが刃紋が見えません。
 研いだ感じやや軟らかい気はしましたがとりあえずの刃は付くし全く焼きがないのとは違うようですが・・・。
 これまでも同様に下地の段階で刃紋が見えず、結局は丸焼きだった物、仕上げに入ってから辛うじて刃紋の痕跡が浮き出たもの等々・・・、実に様々な小刀がありますので今回のこの御品もそういうものでしょうか。
 所有者であるお客様も研ぎ上がりを期待されて当工房に御依頼されるのですが実際に研ぐ立場としてもいろいろな小刀の表情を見ることができます。
 さて今回のこの小刀もどんな仕上がりの表情を見せてくれるかが実に楽しみです。

 
posted by togishi1 at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 白鞘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月31日

白鞘を作る

 昨日、中掻きを終えて一晩糊付け乾燥した脇差白鞘は今朝から外面の削り出しに着手し、御昼過ぎには整形を完了し、表面の”中磨き”まで終えました。
 それが ↓ この画像です。
wakizashi-shirasaya.jpg
 
 白鞘と言えばここのところ丸太を買っていなかったのでぼちぼち買わなければと思っています。
 白鞘材料である朴材は丸太で買ってすぐに使えるわけではなく最低3年は乾燥させなければなりません。
 ですから早め早めの朴材の在庫補給をしなければです。
 当工房でお預かりする研磨御依頼の御刀のほぼ全てが白鞘も新調となります。
 つまりは研磨の御依頼の数だけ白鞘製作も必要となります。

 毎回、違う御刀に、違う朴材で白鞘を作っていますが大体同じ形に仕上がります。
 ただ、新たな発見もありますし、白鞘製作はいろいろな意味で勉強になりますねグッド(上向き矢印)

  
posted by togishi1 at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 白鞘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

白鞘を・・・

shirasaya2013-9.jpg
 研修会から帰って来た翌日である昨日から白鞘製作の着手。
 中の掻き入れは昨日中に終え、今日は外面の削りとなりました。
 画像は下磨き程度まで進んだ状態です。
 
 ちなみにの話ですが、当工房では大体、中名倉砥で白鞘を製作しますが、その後の下地工程の最中は製作した白鞘に入れて刀身を保管することは致しません。
 一番の理由は刀身に塗布した防錆油の鞘への染み出しを避けたいこと。
 鞘本体は特に鯉口にはラップを巻いて空気を遮断し木の狂いを抑えたいことからです。
 ですから内曇刃砥までは毎日刀身は清潔な晒などを巻き、その上からプチプチも巻いて金庫に収納となります。
 
 さて明日はツナギの製作にも着手。
 今回の御刀は反りが深いのでちょっと難しい面もありますが頑張ってみたいと思います。

posted by togishi1 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 白鞘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

お歳暮と感謝のこと

 今日は朝早くから茨城の御客様の白鞘作り、柄、鞘本体共に中掻きを完了してから地元の師匠のお宅にコンクールの結果報告を兼ねて暮れの御挨拶(お歳暮)に行ってきました。
 コンクールの結果として研磨の部、ハバキの部ともに入選出来た事にお褒めのお言葉を頂き感無量でした。
 さて師匠のところでも年内は急に忙しくなってきたようです。
 私が訪問する直前に預かったと言う薙刀がありましたが大至急今月20日までに仕上げて欲しいとのお客様の御要望でまさに間に合うかどうかとか・・・、でもこの辺は師匠はなれているので大丈夫でしょうね。
 家に帰ってからは再び白鞘に着手、明日の外面削りの下準備まで済ませました。

 夕方になってある刀職の先生からお電話を頂きました。
 私の仕事ぶりに関して色々気にかけていただいたりして本当にありがたい限りです。
 仕事のことも含めて今度作品を持っていらっしゃいとの励ましのお言葉もいただけて本当に嬉しかったです。
 地元の師匠をはじめ、色々な先生方や仲間から気にかけていただいて助けてもらっていることにただただ感謝・・・。
 明日は同じく地元の研師の先輩のところにも暮れの御挨拶に行く予定です。
 この先輩とも10年来のお付き合いをさせていただいていますが昔、研磨で行き詰ってホント困ってしまった折に、アドバイスをいただいたおかげで切り抜けられたことがあり、そういう意味では大恩人です。
 ここ数年は私の研磨の仕事が順調に増えて忙しくなってきたことから訪問する回数も減りましたがいつも感謝しています。
 
posted by togishi1 at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 白鞘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

今日は白鞘

 ボチボチ忙しくなってきた今日この頃、毎年のことですが頑張っています。
 今日は白鞘の着手。
 磨り上げ無銘の寿命極めの御刀の白鞘製作を行いました。

 これがまた捻れもあるし、ナカゴの目釘孔はずれているしで木取りの段階から考えさせられました。 どうにか今日は中掻きを完了しまして明日は外面の整形になりますがどうかな!?・・・。
 こういう事はよくありますがどんなケースでもお客様が喜んでくれる納得できる仕事が基本です。

 研ぎはもちろんですが付随する白鞘やハバキも妥協しない、もし出来ない仕事ならば最初から引き受けないし引き受ける以上は完全な仕事を目指す、それが私と当工房の方針です。

 さて今回のフェアーは予想以上に多い御依頼をいただき、本当にありがとうございました!
 現在研磨中の御刀もあり、頑張って年内納品を目指しています。

 もう今年も2ヶ月ですが年末年始はまたフェアーを予定しています(対象は未定)ので宜しくお願いいたします。

 
posted by togishi1 at 18:01| 白鞘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月16日

白鞘のこと

111016_1825~02.jpg
 今日はお預かりしている御刀の白鞘二本の中掻きを行いました。
 一振りは全くの裸身でハバキも当工房で製作、もう一振りはハバキは既存のものを使用しての白鞘製作でした。
 当工房の場合、白鞘を製作する場合は複数本まとめて着手することが多いです。
 今日思ったのですが、ハバキ袋の掻き入れなどはやはり自分で作ったハバキに合わせて掻き入れるほうが格段に仕事はやりやすいです。
 ハバキを作る段階で自分でも気付かないうちにに白鞘を作る時のことまで意識しているのだろうか・・・、それとも自分の作るハバキの肉置きの特徴を暗黙のうちに捉えてハバキ袋を掻き入れているのだろうか、ちょっとこの辺も今後の研究テーマにしたいと思いました。
 既存のハバキに合わせて白鞘を作る場合、きちんとしたハバキでしたら問題なく掻き入れが出来ますがガタがあったり、ハバキそのものが痛んでいたりするとやはりやりづらいですね。
 それと多いのが後家ハバキ。
 要するに合いそうな別の刀のハバキを流用してある場合です。
 今日のもう一振りのハバキがそれで、ガタつきこそないものの、呑み込みサイドの部分が棟区よりもかなり出張って飛び出している(台尻よりも棟側に上がってしまっている)ために鯉口と干渉してしまいます。ハバキは削れないので結局鯉口棟方を0・5mm程度逃げてギリギリ当たらないようにしました。
 写真は今日使った鞘ノミの一部と小刀、そして張り合わせて乾燥中の白鞘です。
 トラックタイヤ用の厚手のゴムチューブでしっかり固定してあります。
 小刀の右の突きノミは最近気に入って使っているものです。
 外丸突きノミですが首の部分を反らせてあり、専ら鎬に接する部分を深く掘り込むのに重宝しています。

 明日は外面の削り出しに着手となります。
 
posted by togishi1 at 19:15| 白鞘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

丸太購入

 110526_0942~01.jpg
 昨日、久しぶりに材木屋さんから電話がありました。
 朴の丸太が入ったから見に来ないかということです。
 早速今朝見に行きました。
 画像の3本の丸太がそれです。

 特に真ん中の丸太は断面も真円に近く、目も詰んでいて良さそうです。
 本当はこの真ん中の丸太だけ買いたいところですが値段も安かった(朴材の相場も下がったのですかね?)ですし、今後の付き合いもあるので3本買うことにしました。
 左の丸太と真ん中の丸太は4cmに、右の丸太は薙刀白鞘用に5cmの厚さに挽いてもらうことにしました。
 31日から九州に行かなければならないので30日午前中に届く予定です。

 朴の木というのは雑木ですので銘木のように高価ではないですが、取り扱っている材木商は決して多くはないようです。
 また以前と比較して朴材の入荷が少なくなったようで、材木屋さんから電話が来る頻度も少なくなってきたのが現状です。
 研磨の内曇砥同様、将来的にはちょっと不安ではありますが、当工房で使う分はとにかく確保して、研磨御依頼の御客様の為に、最高の白鞘を御提供していきたいと考えています。
 
 さて、30日に挽かれた板の状態で届く丸太、どんな木目か楽しみですね。

 
 
posted by togishi1 at 14:22| 白鞘 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする